ファーバーカステルカンパニー

    未来へ続く伝統

    家具職人のカスパー・ファーバーが250年程前に、ドイツ・ニュルンベルグの郊外の街シュタインでファーバーカステル社の礎を築きました。その後4代目のローター・ファーバーが鉛筆に刻印し、世界で初めて商品のブランド化という概念を誕生させました。

    「何を始めるにせよ、世界最高レベルのものを追い求め自分自身のもつ最大限の力を生かさなければならない」と彼はいつも話していました。最高レベルの商品を世に送り出すということはもちろんのこと、それを生み出す従業員に対して会社が果たすべき責任についても同じことが言えます。2011年には250年を迎えましたが、何においても高いスタンダードを保つファーバーカステル社の姿勢は、今日にも受け継がれています。