夢見る桜色

ギロシェ サクラ

ギロシェシリーズの新色は、日本の伝統的な花見にインスパイアされています。

「花見」は桜の季節に春の訪れを祝う特別なイベントを表しています。日本の人々は、この季節になると、仕事終わりなどに公園や桜並木に集い、ご馳走や酒とともに桜の美しさを楽しむという風習を長く楽しんできました。夜桜はライトアップされることで、その淡いピンク色がより一層夜の闇に引き立ちます。こうした素晴らしい光景は桜の美しさや儚さをたたえるためのものです。

こうした神秘的な春の祭典にインスピレーションを受け、ファーバーカステル伯爵コレクションは柔らかな桜色をシリーズに加えました。これらの筆記具やデスクアクセサリーは春へのオマージュであり 、繊細なピンクの色合いは多くの人に愛されることを証明します。

コレクションには万年筆とボールペンがラインナップします。シリーズの名前はヨーロッパの伝統的な装飾である波縞模様「ギロシェ」に由来しています。光の当たり方によってさまざまな表情を楽しむことができます。同色のインクはエレガントなシェイプのボトルインクと6本入りのカートリッジのご用意。上質なイタリアンカーフレザーで作られた一本挿もしくは二本挿ペンケースで、スタイリッシュに筆記具を持ち運べます。スケッチやメモには同色のパーフェクトペンシルがおすすめです。春の人気色の装いは完璧なデスクのパートナーになるでしょう。リネン綴じノートはアンサンブルをまとめあげます。バイエルンの小さな工房で丁寧に糸綴じされたA5ノートはアイデアや予定を書き留めておくのに最適です。