第4世代

ローター・フォン・ファーバー

長男であるローター・フォン・ファーバーが父の鉛筆工場を受け継ぎます。彼の指揮のもと、国際社会にブランドが広まっていきました。 Due to his economic success and progressive social contributions, Lothar joins the ranks of the nobility in 1862.

3人の兄弟と鉛筆製造の成功

オッテリー・フォン・ファーバーと息子のウィルヘルム

ローターは1847年にオッテリーと結婚しました。ローターが会社の運営に注力できるようオッテリーは彼を支え続け、1851年に息子のウィルヘルムが誕生しました。彼は唯一の息子だったため、一家の次世代への望みは彼に託されました。

その後の一族

ウィルヘルム・ファーバー男爵(1851-1893)
ウィルヘルム・ファーバー男爵 (1851-1893)
さらに詳しく
第7世代
ローランド・フォン・ファーバーカステル伯爵(1905-1978)
さらに詳しく